Follow

O社の本は、クオリティの分散が大きいような印象がある。良い本もある一方で、あのブランドだから品質が保証されている、という訳ではないような。

「O社の本」を「博論」に置き換えてもそのまま成立する主張だな……

ある程度以上規模が大きなドキュメントのコレクションについて、すべてが同じ品質で良いなどということはあり得なくて、当然分散は大きくなる。大出版社のすべての本について、全員が「例外なくすべて素晴らしい」とか称賛していたら、それはもはや宗教でしょ。

Sign in to participate in the conversation
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!