Follow

数日前にも某メーリスで “Virtual conferences do nothing for me” とはっきり言っている人がいた。正直言うと、私もすごい気合を入れて参加したい会議についてはまったく同様の感想を持つ。

「自分の発表だけできればいいや」「特定の発表/セッションだけが局所的に気になっている」みたいな場合はオンラインの選択肢があるのはとてもありがたい。一方で「この会議の対象分野を広くキャッチアップして、研究仲間もがんがん増やしたい」スタンスのときはオンライン会議では全然満足できない。

まあ「理想的には両方サポートするのがいい」以外の結論はないと思うけど、費用対効果の問題もあるので、会議ごとにコアでモチベが高い参加者だけをターゲットにしたいのか、そうじゃなく広く薄く多くの参加者を募りたいのか、状況や目的に応じて使い分ければいいんじゃないですかね(玉虫色見解)

Sign in to participate in the conversation
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!