ほとんどの場合 Preview\.app の画像エクスポート機能を用いて PNG 化しているので,そうだとしたら macOS 標準機能の問題.画像化の時だけでなく,PDF のプレビューをしているときもなので,OS 内蔵 PDF レンダラが原因かもしれない.

Show thread

もしかして私が使っている PDF ビューアの問題だったりするのかしら🤔 twitter.com/zr_tex8r/status/13

なんとなくブラウザを Google Chrome から Vivaldi に乗り換えてみたのだけど,Chrome 拡張は全部使えるしキーボードショートカットは(OS 機能に頼らずとも)自由にできるし,何一つ不満なく利用できそうなことに気付いた.

あーでも今度はまた本家 cVim が3月に更新されたからメンテナンス状況が改善する可能性もあるのかも.

Show thread

メンテナンスが停止してしまっていると思われる cVim の代替であった vb4c も「アーカイブ」になってしまったようだ…… twitter.com/wtsnjp/status/1282

一部未対応のオプションや引数は残っているが,すべての tlmgr サブコマンドに対応した.
github.com/wtsnjp/texlive-comp

Show thread

expl3 は *予め TeX 言語をわかっている人なら* 某拙記事を読むと30分以内で学習できるという噂があります(単なる噂)/ TeX 言語者のための expl3 入門 | ラング・ラグー blog.wtsnjp.com/2018/04/28/exp

この調子で「TeX のプリミティブで展開不能なやつ」シリーズも開始されれば TeX のプリミティブを完全制覇できるね!(排中律を仮定しました)

Show thread

GW 最終日に激アレな記事が投下された🤯 しかも “(1)” って…… 続きは「元祖 TeX」「e-TeX」以外のやつってことかしら / TeXのプリミティブで展開可能なやつ(1) - マクロツイーター zrbabbler.hatenablog.com/entry

どこの界隈でも「一強」化が進んでいるような気がしないでもない.Ubuntu 然り,Chromium 然り,TeX Live 然り……

Vine Linux がどういうものなのか(だったのか)今さら把握した.国産ディストリビューションだったのね.

まあ私の個人的な TeX 環境はこういう感じなので,汎用のパッケージマネージャでは管理できるわけもなく.
twitter.com/wtsnjp/status/1381

Show thread

あらゆるプログラムをどのパス位置にどうインストールしたかとかとても覚えていられないので,とりあえずその管理だけでも Homebrew に任せられるのは確実にメリットではある.個人的には TeX Live は他のものより遥かに重要だから,どこにどうインストールされているか正確に把握しておけるけど.

Show thread

Homebrew Cask で MacTeX を導入する方が install-tl を使うより優れている点はそんなに多くはなさそう.TeX システムの面倒は結局 tlmgr で見るしかないだろうし(brew upgrade 等でどうこうなるわけではない)GUI アプリのインストールは元々簡単.パスを自分で通さなくていい(多分)ことぐらい?

状況がより複雑になってしまった感もある(悪化したわけではない.便利にはなった).結論だけ簡単にまとめると,macOS パワーユーザで TeX システムを導入したい人への私的おすすめは:

Homebrew Cask を利用しているなら
brew --cask install mactex

上記以外なら
TeX Live 公式インストーラを使う

Show thread

まあ元々 MacTeX.pkg を使ったってインストーラ画面で必ずに忘れずに GhostScript 導入のオプション(規定で有効!)を外せば大丈夫なんだけど,チェックを1つ外し忘れるだけで大惨事なので「安全な MacTeX インストールの熟達者」以外にはおすすめできないよね🙃

Show thread
Show more
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!